DIYでよく使用される木材の種類や特徴

木材

ラワン合板

ラワン合板
ラワンとはフタバガキ科の広葉樹の総称。
ラワン合板は一般的にベニヤ板といわれているものだそうです。
ただ、本来ベニヤ板は1枚の板【単層】の板のことで、板を何枚も重ねて作っている【合板】のことでは無いそうです。
どうやら日本では、合板をベニヤ板とする誤った呼び方が定着してしまった様子。
色味は大きくホワイトラワンとレッドラワンに分かれており、強度は高め。DIYでもよく使われる木材です。

インスタグラムで検索してみると、ラワン合板を使った素敵な家具やお家の写真が沢山出てきました。
内装では天井に使用しているお家が多かったです。
家具に使用すると味があって良い色合いですね。

k.kobayashiさん(@snedker_woodworking)がシェアした投稿

シナ合板

シナ合板
シナ合板はシナノキの単板を表裏に使用している合板です。

シナノキ(科の木、級の木、榀の木、Tilia japonica)は新エングラー体系やクロンキスト体系ではシナノキ科、APG体系ではアオイ科シナノキ属の落葉高木。日本特産種である。
長野県の古名である信濃は、古くは「科野」と記したが、シナノキを多く産出したからだともいわれている。
参照元:wikipedia シナノキ

シナ合板は柔らかくて軽く、加工しやすい合板と言われています。
また、表面が滑らかなので塗装下地として使用されることもあります。
ラワン合板と同じくDIYで人気の合板です。
シナ合板はラワン合板の表面にシナを貼った合板で、シナの特徴であるきめ細やかなで綺麗な触り心地が人気の木材です。
色味は白っぽく、強度は高め、反りにくいのでDIYにも向いているそうです。

シナ共芯合板

シナ共芯合板
シナ合板はラワン合板の表面にシナを貼った合板でしたが、シナ共芯合板は芯板にもシナを使用している合板です。
特徴はなんといっても美しい断面。
こちらも反りにくく、加工しやすいそうで、DIYに向いています。

カットシナ

カットシナ
カットシナはシナ合板と同じもの?だと思ったのですが、間違えていたらすみません。
名称が違うので、何か違うのかもしれないので機会があれば店員さんにお伺いしてみます。

天井やドアの仕上げ、家具など美しい仕上がりです。

Today is a Gooddayさん(@goodayhome)がシェアした投稿

木村靖隆さん(@yasutaka_kimura)がシェアした投稿

MDF(medium density fiberboard)材
MDFとは木材を繊維状に分解して、板状に再編成した繊維板です。
加工品なので、品質が一定で比較的安価、そして木材の端材などで作られるため環境にも優しいのが特徴です。
昨今は100均などでもMDF材が手に入るため、小物をお手軽にDIYしたい方にはおすすめです。
ただ、水を吸収しやすいので湿気などには弱いそうです。

indoor_camperさん(@indoor_camper)がシェアした投稿

D from NTC.incさん(@nature_tribe_camp)がシェアした投稿

白倉和則さん(@pcott_shonan)がシェアした投稿

OSBボード(OSB合板)

OSBボードは、長方形の木片をプレスして糊で固めて作られた板です。
環境に優しく安価でオシャレなので、DIYをするにあたって人気の木材です。
インスタではOSBボードの使用方法がたくさんUPされています。

min.weddingさん(@ki.wedding1025)がシェアした投稿

SPF材

SPF材はホームセンターなどでよく見かける安価で加工しやすい木材で、トウヒのSpruceとマツ類のPineとモミ類のFirをあわせた針葉樹の総称です。
DIYで検索すると「ツーバイ材(2×材)」という材料が良くでてきますが、それがこの木材です。
手軽に、そして安価に好きなものを作れるのでDIYerには大人気の木材。