プラスチック障子の張り替えは自分で出来る!

障子の張替えは自分でできる

障子の張り替えを自分でやってみます

ネコザキ
こんにちは、あまくちDIYのネコザキです。

今回は自分で張り替えることとなった障子のお話です。
実は今回初めてではなく、2回目の障子張り替えなのですが、前回の障子張り替え写真が出てこないので取り合えず2回目の障子張り替えのことを記述しようかと思います。
これから障子張り替えをご自分でなさる方の参考になれば良いなと思います。

張り替え方の動画などはカインズホームさんの動画などとても分かりやすいものが沢山あるので、そちらを参考にすると良いかと思います。
所詮わたしの作業は素人の作業ですので…細かいところは割と適当に誤魔化してます(笑)

障子を張り替えることになった経緯

今回張り替えすることになった障子の場所です。
和室の一角、床の間の明り取りの窓にある障子。長い間破れたまま放置でした。
ビフォアー写真を撮り忘れたため、物置になっていた時の写真しか無かったのですが大体こんな感じの場所です。

自分で障子の張り替え before

埃まみれです。
おばあちゃんがいなくなってから使わなかった部屋なので、放置されていました。

アイロン?障子のり?両面テープ?張り替え方の選択

さて、張り替えといいましても、障子紙の張る方法、現在はたくさんあります。
昔はのりだけだったのに、とても便利な時代です。
アイロンの熱で貼付ける?昔ながらののり?と、迷う方は多いと思います。
そこで、障子の張り替え方法の種類、メリットとデメリットを調べてみました!
どうぞ参考にしてみてください。

アイロンで障子紙を貼る方法
アイロンで貼るタイプはアイロンの熱をあてることで、障子紙を貼り付けます。
両面テープやのりと違って準備が簡単で、手軽に貼り付けが可能です。こちらの貼り付け方、私は未経験なのでなんとも言えませんが、慣れないとしわが出来てしまうそうです。調べてみると、アイロンだけのコードは短いという意見がありました。延長コードがあると便利そうです。
専用両面テープで障子紙を貼る方法
専用の両面テープを木枠(桟・組子と呼ばれる部分)に貼り付けて上から障子紙を貼りつける方法です。貼り付ける部分に両面テープを貼り付ける作業があるため、アイロンで貼るタイプより準備が必要です。
この方法で古い障子を張り替えましたが、張り替えてから2年半くらい経ち、汚れが残っているところから少し剥がれてしまいました。当たり前ですが貼る前の掃除は念入りに!
のりで障子紙を貼る方法
昔ながらののりで貼る方法。のりを塗るという手間があるものの、水分を含んだのりは乾いた後に紙が張るためピンとしてしわになりにくいです。また、剥がすときも水に濡らすだけでするっと剥がせるので、次の張り替えも楽になります。
今回はこの方法で張り替えました。
市販の障子のりを使うのではなく、自分でのりを作る場合はその手間が15分くらい掛かります。

タイプ別おすすめの貼る方法

個人的な意見ですが、両面テープでの貼り付けは一度間違えて付けたときにやり直しが難しいです。
ゆっくり剥がせば問題ないですが、一度剥がした場所は粘着力も弱まるため両面テープの貼り直しが必要になることもあります。
そのため、両面テープは器用な方に向いている施工だと思いました。
その点アイロンで貼る方法は、万が一間違えても少し熱を加えれば剥がすことも容易です。
手で引き延ばして貼っていけば、それほど難しい作業ではなさそうです。
コスパが良く、張り替えしやすい初心者向きな方法は、昔ながらの障子のりを使った方法です。
今回初めてこの方法で貼ってみましたが、わりと簡単にピンと張った障子を貼ることが出来ました。
そしてのり代はほぼタダです。家にある小麦粉を大さじ1杯ほど使っただけで済みました。
ただ、選んだ障子紙のタイプによっては貼り方が決まっているものもあるので、その辺も考慮して障子紙を選ぶと良いかもしれませんね。

プラスチック?UVカット?張り替える障子の種類の選択

障子の貼り方とは別に、障子紙にもいろいろ種類が出ています。
一番典型的なのは、昔ながらの和紙を使った障子紙です。手漉きなど高級和紙もありますが、市販のもの安いものは大体パルプ障子紙です。
通気性が高く、吸湿性もあるので、夏は暑く冬は寒い、湿度の高い日本の気候に合った障子紙といえるでしょう。
但し、強度が無いためお子様やペットのいる家庭では破れやすく、直射日光による変色も早いので、張り替えの周期はすこし早そうです。

プラスチック障子紙は、私の家でも使用しているものです。
以前は和紙を使用していましたが、現在猫を飼っているので強度の高いものに変更しました。
しかしうちの猫は障子に全く興味が無く、破ったりは一度もありません…良いことなのですが。
でも他のおうちの猫ちゃんが障子を破っている写真、不謹慎ですが大好きです(笑)

め。さん(@megu.miichan)がシェアした投稿

プラスチックといっても硬い障子というわけではなく、殆ど和紙と変わらない見た目です。
なんといっても強度が高くペットの引っかきにも強いのが特徴。
冷暖房効果がアップするしますが、その代わり通気性は低くなります。ものによってはUVカット効果があります。
デメリットとしては安価な障子紙と違って、値段が高いです。
プラスチック障子紙には障子のりを使えないタイプも売っているので、購入の際はお気をつけください!

私が今回使用したのはこちらのプラスチック障子紙です。のりが使用できるタイプです!
プラスチック障子紙で多いのは、専用両面テープで貼るタイプです。
規格:94cm×2.15m
破裂強度:480kPa
紙の配合:パルプ76%、レーヨン16%、ビニロン5%、ビニロンバインダー3%
内容量目安:障子1枚分

古い障子紙の剥がし方

霧吹きなどで障子の枠を濡らして5~10分放置してから剥がします。
通常はこれだけで綺麗に剥がれますが、古いのりや障子紙が残っていた場合、新しく貼る障子紙がうまく貼れないことがあります。
念入りに掃除しましょう。

自分で障子の張り替え 剥がした後
私は濡らしすぎてしまいましたが、木が塗れるとゆがみや反りの原因になるそうです…。やってはいけないことだったみたいですね!
気を付けてください。
掃除は中性洗剤をぬるま湯で薄めて、かたくしぼった雑巾で拭くと良いみたいです。
障子は取り急ぎこのままで、乾かしておきます。

障子紙を障子の大きさに合わせて少し大きめにカット

障子が乾いたところで、障子紙をカットします。基本サイズの障子であればそのまま使える大きさがほとんどですのでこの工程は必要ありません。
今回私が張り替えた障子は少し小さい障子なので、カットしました。

自分で障子の張り替え 障子紙をカット
大きめにカットした障子紙ですが、このままだとくるくる巻いてしまいます。

自分で障子の張り替え くるくる障子紙
ですので、端がずれないようにマスキングテープで仮留めします。

自分で障子の張り替え マスキングテープで仮留め
大雑把にとめてます。

自分で障子の張り替え マスキングテープでの仮留め②
貼り付けする準備は一応これで完了!

障子のりの作り方

準備ができたので、障子のり作成。
障子のりの作り方は検索するとたくさんでてきます。
私は一番簡単そうなやり方で作りました。
shouji_04自分で障子の張り替え 障子のりの作り方

  1. お水を200mlお鍋に用意します
  2. 小麦粉を大さじ1杯そのお水の中に入れます
  3. ダマにならないようによくかき混ぜます
  4. 弱火でゆっくり火を通します
  5. とろみがでてきたらできあがり!

作るのが面倒くさいという方は500円くらいで障子のりが売っているので、購入しても良いと思います!

のりを塗布して障子紙を貼り付け

障子の枠にのりを塗布して、障子紙を貼り付けます。
自分で障子の張り替え のり塗布
少ないと剥がれてしまいますし、多すぎるとはみ出て障子紙の端からのりが見えてしまいます。
私は多めに塗りつけてしまったので少しはみ出てしまいましたが、あまり気にならなかったです。(性格の問題です)
自分で障子の張り替え のりがはみ出しました
この黄色の丸の部分、お分かりいただけましたか?(笑)
仕上げまで一気にやってしまったので写真が無いのですが、この後乾く前に枠の大きさにあわせてカッターで障子紙を切りました。
定規をあてて、力を入れすぎないようにスッと切るのがコツです。
のりで塗れていると、うまく切れないことがあるので切れ味の悪いカッターを使うのもNGです。
私は使ったことがないのでレビューができないのですが…障子紙用のカッターは刃先が丸くなっているため、のりで塗れていても切りやすくなっているそうです。
普通のカッターで切る自信がない人は使ってみるのもいいかもしれません。
未使用の私がいうのもなんですが、ものすごく仕上げにこだわっているわけでない限り、普通のカッターで充分だと思います。

自分で障子の張り替え 乾かす
もう一枚の障子にも紙を貼り付けました。あとは乾かします。

障子の張り替え完了

乾かしたあとに、元の場所に戻し、完成です!
自分で障子の張り替え 完成
ボロボロの障子紙が綺麗に張り替えできました~!
猫の引っかき傷にも強いですし、しばらくは大丈夫な…はず!
ここまで読んでいただきありがとうございました!